30代の転職サイトはココが良い

30代 転職サイト おすすめ

私はこれまで何回も転職を経験してきました。転職の理由として多いのは条件面の不満です。

 

転職の際にはハローワークや複数の転職サイトを利用しています。私は実際にはハローワークで転職を決めたことはなく、毎回転職サイトで応募した企業へ入社しています。今まで利用した転職サイトはリクナビNEXT、マイナビ、Green、はたらいく等です。基本的な使い方はどれも同じなので今回は転職サイトと一括りにします。

 

これらの転職サイトとハローワークを併用した感想を、両者を比較しながら紹介させていただきます。

 

 

転職サイトのメリット

一点目、転職活動における時間の作り方について。
転職するにあたり問題になってくるのが時間の作り方です。仕事しながらの転職活動となると、その時間をつくるのはかなり大変です。

転職サイトの場合、インターネット環境さえあればいつでも転職活動が出来る点がメリットとなります。

登録から求人検索、申し込み、面接日のやりとりまで、全ての工程がサイトだけで完結することができます。

ハローワークも求人情報の検索はインターネット上から行えますが、実際に応募するにはハローワークに直接行く必要があります。ハローワークの営業時間内に行かなければいけなあので、都合をつけるのは大変です。

転職サイトの場合は申し込みはインターネット上からいつでも出来るで、通勤中にも転職活動をすることができます。これは非常に大きなメリットと言えるでしょう。

 

 

二点目、求人の量について。
転職サイトとハローワークでは求人の量が段違いです。転職サイトには全国の求人が集まっており、サイトにもよりますがその求人量はハローワークとは比較になりません。一方ハローワークは求人量こそ少ないものの、地元求人が多く、探しやすいというメリットがあります。

もしどうしても地元で働きたい、という方はハローワークで探してみるのもいいかもしれません。当然ですが転職サイトとハローワークの両方に掲載されている求人もあれば、どちらかにしか掲載されていない求人もあるので、見比べてみるのも面白いです。

 

三点目、求人情報の内容について。
転職サイトに掲載されている、求人情報は、基本的な企業の情報や職場の写真、先輩社員からの声など、とても充実している場合が多いです。サイトに掲載されている情報だけで企業への見識をかなり高めることができるでしょう。、ハローワークの場合は基本的な情報しか掲載されていないことが多く、企業について詳しく知りたい場合は結局インターネットで検索する必要があります。どうせインターネットを使うなら最初から転職サイトを使えばいい、とどうしても思ってしまいます。

 

四点目、求人の質について。
完全に主観になりますが、転職サイトの求人とハローワークの求人を比較すると、どうしても転職サイトの方が質が高いように感じます。質というのは企業としてのブランド、待遇面、職務内容など、総合して判断しています。

転職サイトには誰もが聞いたことのあるような有名企業の求人が掲載されていることがありますが、ハローワークでそういった求人は見たことがありません。

掲載されてる情報も、ハローワークの場合は応募する気もなくなるような企業が多かったです。

 

さて、ここまで転職サイトとハローワークを併用した感想を語らせていただきましたが、いかがでしたでしょうか。
全体的な内容からおわかりになるかとは思いますが、私自身はハローワークでの転職より転職サイトを使った転職をオススメします。

 

ハローワークにいく時間を複数の転職サイトを利用する時間に当てた方が、充実した転職活動を行うことができるでしょう。
転職サイトも今やかなりの数が存在するので、その中から自分に合ったサイトをいくつか見つけて、併用して転職活動をすることにより、選択肢が広がり、条件を満たす企業が見つかりやすくなると思います。

転職を考えている方は、少しでも参考になれば幸いです。
以上になります。

 

 

 

私の転職経験談

私は専門学校を卒業したあと、昔から好きだったデザインの仕事をするために広告会社に就職しました。高校のころからデザイン系のソフトは自分で使い慣れていたので、作業が早くできる自信はありました。
実は私は見た目がちょっと変わっていて、髪を緑色や金色など、派手な色に染めるのが好きです。刈り上げや剃り込みなどのヘアスタイルも好みです。また、ピアスもたくさん付けていますし、将来はタトゥーも入れたいなと思っていました。舌先は二つになっているスプリットタンで、これも自分のポリシーのようなものでした。これを怖がる人もいるので、バスや電車では隣に誰も座らないということがよくありました。
そんな見た目のせいか、就職後、周りからちょっと避けられている気がしました。あるとき、グループを組んで作業をする仕事があったのですが、その時も私が一人残ってしまい、優しい子が慌てて仲間に入れてくれました。後日別のグループの子から、「○○さん(私の名前)って、結構はっきり言っちゃうタイプなんだね」と話がありました。詳しく聞いてみると、私が「こんなグループやってらんねえわ」と言って仕事の途中で帰ってしまった、と私と同じグループの同僚が言っていたというのです。
私は絶対にそんなことはしませんし、もし自分がしていたら、覚えているはずです。途中で抜けたことはないし、発言自体デタラメだということを伝えたのですが、こういう根も葉もない噂を立てられるような嫌がらせが続いたのと、「この人みたいになりたい」と尊敬できる上司がいなかったため、ついに私は転職を決意しました。
デザインの仕事には、前の職場での経験上やはり不安があったので、全く別の企業に就職したいと思いました。仲の良い友達に相談すると、その友達が働いている地元のテレビ局が、ちょうど職員を募集しているということでした。早速応募して、面接試験を受けました。テレビ局といってもまじめな感じのところだったので、さすがに髪の毛は真っ黒に染めていきましたし、ピアスも全部外していきました。
テレビ局の試験にはめでたく合格しました。テレビ局では友達がいたので楽しく働けましたし、周りの同僚も良い人が多く、前の会社とは大違いだと思いました。いじわるな上司もいるにはいます。新人の私に大きな仕事を任せておいて、厭味っぽく「あなたほど覚えの悪い人は見たことがないわ」と言ってきたりするのです。
しかし、前の広告会社よりは、ずっとずっとマシな職場です。ストレスが溜まったまま前の会社で働きつづけていたらどうなったかと思うと、本当にゾッとします。良い職場に恵まれず困っている方は、どうしようと迷っていないで、身近な人に相談してしまうのがベストだと思います。知り合いのつてで何かきっかけがつかめるかもしれません。あなたの周りには、きっと助けてくれる人がいますので、今の職場に不安を感じていたら、絶対に無理をしないで話してみてください。

新卒からずっと不動産会社に従事していました。不動産の仕事は、いろんな方々とお付き合いできるので、やりがいはとてもありました。また、自分の中でもこの仕事をずっとやり続けたいと考えていたので、地域のことや近くのお店などお客様にとって有益な情報を自分の足で稼いでは、「耳より情報」としてお客様にお伝えしていました。
ただ、会社の方針で事業を縮小することになって、3月末で今まで従事していた支店が廃止され、私は他の支店に異動することになりました。今まで従事していた支店は、家からも近く、通勤に関しては、一切苦労しない(歩いて10分以内)環境でしたので、正直離れたくないと思ったのですが、支店が閉鎖することが決まり、支店異動の相談が会社からありました。今度の支店は、東京になると言われたので、異動に関してはこちらから特に条件も出さずに了承しました。電車を使えば、東京ならどこでも行けますので。「通勤電車に乗るのは嫌だな」と軽く思っていた次第でした。その後、会社とたびたび異動に関する相談がありました。何か変だなとは思いました。異動に関して、こんなに何度も相談するのかなと。ただ、初めてのことでしたし、事業を縮小することになり、会社もだいぶゴタゴタしているようだったで、気にしないようにしていました。結局、異動先に決まったのは、横浜。それも、横浜駅から乗り換えで20分以上かかり、通勤時間も2時間近くなるものでした。さすがに、「ちょっと無理なので、別の支店に変更してほしい」と上司に相談したところ、条件について特に希望がなかったため、配属が決まってしまったと。「話が違う」と何度も話し合ったのですが、人事は、「会社の都合なので」と一点張り。「こんな会社にいても仕方ないな」と思い、支店の閉鎖とともに会社を辞めることにしました。
3.転職先の見つけ方
スタンダードに「リクナビ」や「マイナビ」、「DODA」といった転職サイトに登録して、アドバイザーに依頼しました。転職サイトに登録すれば、すぐにエントリーできるので非常に便利ですね。私は、「リクナビ」で求人を行っていた、同じ業種の不動産会社にご縁があって、転職しました。
4.転職してどうだったか。
特に、転職してとてもよかったとは思えません。各会社良いところもあれば良くないところもありますので。前の会社も待遇もよかったですし、人間関係もよかったところもあります。ただ、異動に関しては、「うまくいかなかっただけ」と自分自身で思っています。
あとは、自分がその会社にうまくフィットするよう努力するしかないと思います。ただ、通勤に関しては、自分の努力では何ともできないため、通勤面にはこだわりました。
前向きな転職、後ろ向きな転職様々だと思いますが、転職して、すべて良くなったという方は少ないと思います。
最後に、転職には(新しい会社には)、良い点もあればあまり良くない点もあることもアドバイスします。

【お金を借りる】ならどこがいい?カードローン
【銀行系・消費者金融系】カードローン・キャッシング/金利や審査など解説