【お宮参り】とは?いつするの?時期や準備する物

お宮参りは「産土参り(うぶすなまいり)」とも呼ばれます。
土地神様である氏神様(“産土神=うぶすながみ”とも呼ばれます)に参拝して、赤ちゃんの健康と長寿を祈ったり、誕生を祝ったりする行事です。
地域によってら、安産の“お礼参り”も兼ねて参拝する場合もあります。

お宮参りの時期

正式には、男の子は生後31日目、女の子は生後32日目に行われます。
しかし、生後何日目までにお宮参りをしなければいけなあという決まりはない為に、出産したばかりの“お母さんの体調”を優先したり、“お日柄”などにこだわって都合のよい日にお宮参りをして問題ありません。
お日柄は、「大安」「友引」「先勝の日の午前」「先負の日の午後」などが好まれています。

お宮参りで準備する物

赤ちゃんの“祝着”を用意する必要があります。
正式な作法では母方の実家から贈られる祝着が必要になりますが、デパートなどで販売されているお宮参り衣装や、レンタル衣装で問題ありません。
正式な作法の場合、母親や祖母は留め袖などを着用するのが正式な作法の為に用意する必要があります。
しかし、服装について厳格に定められているわけではないので、父親や祖父同様にスーツを着用したり、ワンピースを着用すれば問題ありません。
正式な作法でお宮参りをする場合、祝詞を神社にあげてもらいます。
この為、白赤の蝶結びの水引の「熨斗袋」に、“御初穂料”、或いは“御玉串料“と表書きしてお金を用意する必要があります。
お金の相場は5,000円程度が一般的です。

お宮参りの注意点・アドバイス

お宮参りは「産土参り(うぶすなまいり)」とも呼ばれます。
土地神様である氏神様(“産土神=うぶすながみ”とも呼ばれます)に参拝して、赤ちゃんの健康と長寿を祈ったり、誕生を祝ったりする行事です。
地域によってら、安産の“お礼参り”も兼ねて参拝する場合もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする