女の子の【初節句】

女の子の初節句は3月3日の雛祭りです。
子供の健やかな成長を願うイベントで、家族や祖父母、お祝いをいただいた方などを招いてお祝いの席を設けます。
雛人形も飾りますが、これは子供に降りかかる災いを人形が代わりに受けてくれるというお守りとしての要素が強いものとなります。
また、神社にお参りをする風習がある地方もあるなど、地方特有の行事もあるので事前にご確認ください。

女の子の初節句の時期

基本的には赤ちゃんが生まれた最初の雛祭りが初節句となります。
ただし、例えば1月以降に生まれるなど準備期間があまりない場合には翌年に持ち越しても問題はありません。

女の子の初節句で準備する事

雛祭りの象徴となる雛人形ですが、節分が終わった頃を目安に飾るようにします。
購入の場合はお正月から2月を目安にして、あまり直前にはならないようにします。
祖父母に買ってもらう場合は母方が一般的ですが、お祝いごとですので厳密な決まりはありません。
既にお持ちのものがあり、母親から子供に引き継ぐ場合は新しいお人形を1つ足してあげると良いでしょう。
その他はちらし寿司やひなあられなど雛祭りに関連するお料理を用意してお祝いをします。

初節句の赤ちゃんには赤い被布を着させてあげるのが一般的ですが、汚す可能性が非常に高いので一度着せて写真を撮ったらあとは普段着にするのが現実的です。
写真スタジオなどで記念撮影をするのも良いです。
写真スタジオを利用する場合は混み合いますので早めの予約をお薦めします。
すでにお姉ちゃんがいて雛人形を持っているご家庭でも、2人目にも雛人形を用意してあげるのが理想です。
難しい場合は小さいお人形でも良いので用意してあげましょう。
雛祭りを過ぎてすぐに人形を片付けないとお嫁にいけないという言い伝えもありますが、これは正式なものではないのであまり遅くならなければ都合の良い日に片付けてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする