お七夜とは

赤ちゃんが産まれたら「お七夜」という行事を行う、となんとなく名前だけはご存知の方も多いかもしれません。

まず、「お七夜」は「おしちや」と呼びます。

親族と赤ちゃんの誕生を祝い、赤ちゃんの名前をみんなにお披露目する行事です。

現代では親戚一同を呼ぶことは少なくなり、夫婦だけで行なったり、祖父母だけを招いたりごくごく身内だけで行うことが多いようです。

お七夜を行う日

赤ちゃんが生まれた日を1日目と数え、7日目に「お七夜」となります。

ちょうど出産した母親が床上げをする時期ですね。しかしながら最近では母親の体調を考慮し、必ずしも7日目にしなければならないといことはないようです。

入院中、病院で簡単な祝い膳が出ることがあるのでその日に合わせて夫婦だけで行うこともあります。

また、退院後大安など良い日を選び行っても良いでしょう。その場合はお宮参りまでに行うようにしましょう。

お七夜で準備する事

赤ちゃんの名前が決まったら、半紙や市販の命名書に筆で赤ちゃんの誕生日や名前、そして両親の名前などを書き入れ、床の間などに貼ります。

命名書は赤ちゃん用品を売っているお店などで販売されています。

お祝い膳は赤飯や尾頭付きの魚を用意します。しかし、最近では仕出し業者に頼むことが増えています。

その他、お七夜に合わせて手形や足型を記念にとるご家庭も増えています。赤ちゃんの手形や足型をとるセットが売られていますので、事前に準備をしておくと楽しいイベントになること間違いなしです。

お七夜の注意点・アドバイス

産後7日目というとまだまだ母親の体は辛いですよね。赤ちゃんの誕生をお祝いしてくれるめでたい行事とはいえ、祝い膳などを用意しお披露目会を行うのは産後間もない母親にとってとても負担がかかります。

祝膳の用意などお七夜の準備は夫や実母、義母に協力してもらい母親は出来るだけ安静を保つようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする