【七五三】とは?いつするの?時期

「七五三(しちごさん)」というのは子供の7歳、5歳、3歳を祝う行事です。
子供の成長を祝い健やかに育つよう祈願する年中行事で、神社や寺院で行うことができます。

七五三の時期

もともとは子供の数え年で行っていましたが、最近では満年齢で行うことが増えてきました。
男の子なら5歳、女の子なら3歳と7歳にお祝いをします。ただし、地域によっては男の子も3歳を祝う場合があります。

11月15日に七五三の参拝を行いますが、その前後の週末や吉日などを選んでお祝いをしても構いません。

ただ人気がある神社だと、11月15日前後は七五三シーズンなので混み合うことが予想されます。早めに予約をしておくようにしましょう。

七五三で準備する物

神社で祈願してもらう場合は初穂料(はつほりょう)、もしくは玉串料(たまぐしりょう)を神社の受付で納めます。
お金は蝶結びののし袋に「初穂料」や「玉串料」と書き、下に子供の名前をフルネームで書き入れます。しかし、最近では神社によって専用の封筒が用意されていますので、白い無地の封筒に入れて行っても構いません。また、金額についても神社によって決められている場合がありますので金額や封筒など事前に問い合わせをしておく良いでしょう。

お寺で行う場合はお布施を渡すようにします。こちらも蝶結びののし袋を用意し、「お布施」と表書きをした後、その下に子供のフルネームを書きます。そして、お寺のご本尊様に供えます。こちらも金額については事前にお寺へ問い合わせて下さい。

神社や寺院ともに料金が決まっていない場合、相場は3,000~10,000円となっていますのでその辺りの金額を包みます。

注意点・アドバイス

七五三を行う前に身内に不幸事があった場合は神社ではなく寺院で行う場合があります。両親等に相談すると良いでしょう。

子供に付きそう家族は男性ならダークスーツ、女性ならスーツやワンピース又は訪問着や色無地を着用します。色は控えめにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする